関東パワースポット

神秘的なエネルギーに満ちたパワースポット。
自然のパワーに癒されたり、開運スポットで良縁を運んでもらったり・・・。

本日は関東各地のおすすめパワースポットをご紹介します。

Sponsored Link

行くならココ!パワースポット~関東編~

第1位 【三峰神社(埼玉県秩父市)】

山伏信仰で知られる三峰神社は、標高1102mの三峰山山頂にあります。
杉の巨木に囲まれた境内は、自然のパワーに満ち溢れる神聖なパワースポット。
出迎えてくれる鳥居は珍しい“三ツ鳥居”。

この世に最初に現れたという三柱の神さまをあらわしているんだとか。
また狛犬のかわりに守護神の狼が鎮座しているのも山の中の神社ならではです。

ぜひ見て欲しいのは、2012年辰年に本殿の石畳に突然浮かび上がったという“赤い目の龍神様”
この龍神様を拝むと運気があがるそうですよ。

第2位 【滝尾神社(栃木県日光市)】

弘法大師が修行したと伝えられる滝尾神社。
日光東照宮から歩いて30分ほどの山の中にひっそりと隠れるようにある今注目のパワースポット。

神社入口には“運試しの鳥居”があって、鳥居の真ん中の穴に小石を投げて運試しできます。

最も神聖な場所は、本殿裏の3本のご神木“滝尾三本杉”。
現在は2代目ですが、300年も前に倒れた先代のご神木は今も腐らずに苔むしているんだそう。これは、神宿る木のエネルギーのなせる業・・・なのでしょうか?

第3位 【榛名神社(群馬県高崎市)】

榛名神社

榛名神社は神社の入口から奥の本殿まで、約700mの参道が続いています。
参道にある樹齢500年といわれる巨木“矢立杉”は必見!!

武田信玄が戦の勝利を祈願したという言い伝えがあり、参拝すると勝負運があがるんだとか。本殿に到着して驚くのは、本殿が“御姿岩”と呼ばれる巨大な岩とつながっていることです。

まるで岩に本殿が飲み込まれているようにみえます。
この圧倒される自然の巨石のパワーは、人間関係や金運の悩みがある人にパワーを与えてくるそうです。

第4位 【玉前神社(千葉県長生郡)】

玉前神社は日本のパワースポットが一直線上に並ぶ“レイライン”の最東端に位置しています。
玉前神社と春分・秋分の日の出の位置をむすんだ線上には、富士山頂、竹生島(滋賀)、出雲大社が並び、レイラインをつくるそうです。

神社のご祭神は神武天皇の母“”玉依姫命”。
縁結び、子授け、子育てなど女性の一生を守ってくれる神さま。

境内の3本の“子宝・子授けイチョウ”はこれまで多くの女性の願いを叶えているそうです。雄株、雌株、子ども株の順番にふれるとよりご利益があるんだそう。

第5位 【東京大神宮(千代田区)】

駅から1分の“東京のお伊勢さま”は都内最強の縁結びのパワースポットなんだそう。
正式には東京大神宮。伊勢神宮の遥拝殿として創建され、本家伊勢神宮と同じ“天照皇大神”などが祀られています。

日本で初めて神前結婚式を行った神社としても有名で、すずらんの形をしたお守りが人気です。すずらんには“幸福が訪れる”という花言葉があって、縁結びに、より大きなパワーをくれるんだそうです。

第6位 【鹿島神宮(茨城県鹿島市)】

鹿島神宮は、息栖神社と千葉県の香取神宮と合わせて“東国三社”と呼ばれ、その三社を地図上で結ぶと二等辺三角形ができるそうです。

かつては大きな内海が広がっていたという境内の広さは、なんと東京ドーム15個分。そんな広大な敷地の中で強力なパワーを放つのは、“御手洗池”。

透明度バツグンの池には、1日に40万リットル以上の水が湧き出ていて、神代から水が枯れたことがないんだとか。

第7位 【鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)】

源頼朝ゆかりの神社で、“男性の出世運”がよくなるといわれている鶴岡八幡宮。
近年、新たに“再生のパワースポット”と言われ注目されているんです。

その理由は、2010年に倒れてしまった樹齢約1000年のご神木“大銀杏”。
この倒れたご神木の根元に新芽が芽吹きはじめ、生命力みなぎるエネルギーで満ちているそう。

また、“政子石”と呼ばれる石は、恋愛パワースポットとしても人気です。