九州パワースポット

【恋愛・金運・子宝】など神秘的なエネルギーが満ち溢れるパワースポット!!

今回は九州各地の人気パワースポットをランキング形式で紹介します。

Sponsored Link

行くならココ!人気パワースポット~九州編~

第1位 【岩戸神社(長崎県雲仙市)】

樹齢300年を超える老木に囲まれた森の中で、神々しく佇む岩戸神社。
ご神体は、縄文人が住んでいたと言われる洞窟です。洞窟の前に小さな社が建つ姿は、まさに宮崎駿の“もののけ姫”の世界。

静寂な空間に身をおけば、そこがパワースポットと呼ばれる理由がわかるはず。また、雨量の多いときにだけ姿を現すという滝を見ることができれば、幸運になるという言い伝えもあるそうです。

第2位 【武雄神社の大楠(佐賀県武雄市)】

武雄神社は奈良時代に創建された歴史ある神社。
神社の奥の竹林を進むと突如現れるご神木“大楠”。

樹齢はなんと3,000年以上!!

森の主のような威厳に満ちた姿に思わず息をのみます。

高さは30m、木の中央は空洞になっていて広さは12畳分。そのスケールの大きさも驚きです。
3,000年という悠久の時を生きてきた大楠には、神さまが宿っていると思わせる説得力があります。太古からの雄大な自然のパワー、ぜひ、体感してみてください!

第3位 【宇佐神宮(大分県宇佐市)】

全国4万社以上ある八幡宮の総本社。
強いエネルギーが宿る大分屈指のパワースポットです。

参拝者に人気なのは、恋人や夫婦で踏むと幸せになるという“夫婦石”。
西大門参道の敷石の中に三角形の石が二つ並んでいるのが夫婦石なので、ぜひ、見つけてくださいね。

さらに、究極のスポットといえば、表参道から離れたところにある“願掛け地蔵”。人に見つからずにお願いすると、一生にたった一度だけ願いを叶えてくれるそう。

人に見つからず!これが鉄則です。

第4位 【幣立神宮(熊本県上益城郡)】

こちらの社があるのは、聖地や霊場が集まる中央構造線の上。
九州最強ともいわれる強いパワーが得られるスポットとして注目されてます。

参道には、杉の巨木が多く、中でも“五百枝杉”は圧巻です。また、神々が住む“高天原神話”の発祥の地といわれ、境内には厳かな“気”が満ちているんだとか。

参拝の際は、特定の人や物事に執着した欲深い願いごとをすると逆効果になってしまうそうなので、控えめで厳粛な気持ちでのぞんでくださいね。

第5位 【霧島神宮(鹿児島県霧島市)】

鹿児島といえば、ココ。
日本の建国神話に登場する瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀り、はじまりは6世紀まで遡る歴史ある神社。

ちなみに、坂本龍馬が日本で最初の新婚旅行をした際に訪れたそうですよ。
樹齢800年というご神木“霧島メアサ”と神霊を招くといわれる“招霊木(おがたまのき)”周辺がパワースポットなんだそうです。

第6位 【天安河原(宮崎県西臼杵郡)】

有名な“岩戸隠れ伝説”の地。
天照大神が岩戸に隠れた時、八百万の神々がこの河原に集まって相談したと伝えられています。

大きな洞窟の中には、小さな鳥居と社が建てられていて、この前で石を積んで祈ると願い事が叶うんだとか。

訪れた人たちは必ず石を積むので、河原には無数に積まれた石が並ぶ神秘的な風景が広がっています。また、太鼓橋から川上に両手をかざすとパワーがもらえるんだそうですよ。

第7位 【太宰府天満宮(福岡県太宰府市)】

言うまでもなく福岡を代表するパワースポット太宰府天満宮。
境内のいたるところに牛の像が祀られていて、頭を撫でると知恵を授かるといわれています。

特に人気なのは、本殿から離れたところにある天開稲荷社。
“九州最古のお稲荷さん”としても有名なこの神社は、その名の通り、“天に道が開け、運気がぐんぐん上昇する神さま”として信仰されていて、ご利益を授かりたい多くの参拝者が訪れています。