千葉釣り堀

釣り堀というとあまり楽しめないイメージもっていないでしょうか?
ずっと魚を釣れるまでボォーっと待っているだけ?

釣り堀をあまり体験したことがない人は、そんなイメージがとても強いかもしれませんね。

ですが、釣れるまで待っている時間があることで、普段の忙しさから解放される感覚が味わえますし、家族と一緒にゆったりと時間が流れる一日を過ごすことが出来るでしょう。

一人で楽しむだけではなく、家族でも楽しめる千葉の釣り堀スポットを紹介いたします。

Sponsored Link

家族で楽しめるおすすめの釣り堀はココッ!

清遊湖へら鮒つり堀

巨大ヘラが釣れるが売りでもあり、有名な釣り堀スポット。

ヘラブナの体調が30センチ~50センチまであるものが釣れますので、50センチくらいのヘラブナが釣れたら自慢をしたいところですね。
釣り餌の教室も開催されており、より釣りの技術を上げたい方は参加をしてみてはどうでしょう。

ただ、ここは竿のレンタルがないようですので、子供連れにはちょっと不向きかなとも思ったのですが、巨大なヘラブナが釣れるポイントは大きな魅力の1つと思います。

参考サイト

大人(高校生以上)
一日2000円 半日1500円
女性
一日・半日ともに1000円
子供 中学生以下
1日・半日ともに1000円

※(日曜日・祝日500円増し)

釣堀太郎 八千代店

屋内で釣り堀を楽しめるので、予定が崩れることもありません。
大型屋内室内らしく、釣り堀の他に、マンガやゲームコーナーで遊ぶことも出来ます。

釣具用具もレンタル出来ますので、買い物の帰りなどに気軽に釣り堀をしてみてはどうでしょう?

ホームページ

大人
1時間700円
子供
1時間500円

子供と親のペア料金ですと、1時間1100円に。
2時間の場合ですとお得になり、子供が800円、大人が1200円となり

親子ペアの2時間利用で1800円に。
全ての料金に、入場料として300円がプラスされます。

千葉こどもの国 キッズダム

総合アスレチック施設として、豊富な遊具が子供に大人気。
ゴーカート、機関車、ラジコンサーキット、滑り台、ローラースケートの他に、釣り堀も2ヶ所用意されています。

ホームページ

「つりぼり太公望」では、エサと竿付きで1回600円。
※※土日祝日のみ営業

「つりぼり」では、エサと竿付きで一回300円で利用が出来ます。

九十九里海釣りセンター

こちらは、釣った魚を持ち帰れるように、発泡スチロールも施設で手に入れることが出来ますので、用事の帰りにふらっとよって釣り堀も楽しめます。
もし、その日はボウズでもマダイを1匹サービス。

釣れる魚は「イシダイ」「ヒラメ」「マダイ」の他に季節ごとで変わってきます。
釣る量の規制はなく、利用時間の間ならいくらでも釣り放題となっています。

ホームページ

大人
一日券 10,000円 半日券 7000円
女性・子供
一日券 5000円 半日券 3000円
終わりに

千葉で子供と一緒に楽しめる釣り堀スポットでしたが、行ってみたい釣り堀はありましたか?
釣り堀だけというよりも、他の施設と合わさっているところも多いので、色々な時間の使い方が出来ますね。