公式サイト

日時:7月20日(月)8:00~21:00頃
→祭り(神事)の開始時間は8:00からですが、からす扇子・団扇の頒布は6;00から開始、露店は7:00頃から開店しています。終了の時間は明確には決まっていませんが、からす扇子・団扇の頒布と屋台の閉店が大体21:00頃なのが通例です。

場所:大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
東京都府中市宮町3-1 TEL:042-362-2130

Sponsored Link

由来とからす扇子、からす団扇について

すもも祭りの由来

朝廷から奥州へと派遣された源頼義・義家の親子が戦に向かう途中、大國魂神社にて戦勝祈願をしました。戦は源氏側の勝利で終わり(前九年の役)、凱旋時に戦勝お礼詣りをした事からこのお祭りが始まりました。

その時に「すもも」をお供えし、その後境内にもすもも市が立つようになった事から「すもも祭り」と呼ばれるようになりました。現在では無形文化財に指定されているお祭りです。

余談ですが、府中駅を降りると目の前にケヤキ並木が広がっており、神社の鳥居まで続く参道になっています。このケヤキ並木も戦勝お礼詣りの時に寄進された1000本の苗木が始まりと伝えられており、神社までの道の途中に源義家の像もあります。

現在のケヤキ並木は江戸時代に、なんとあの徳川家康が植えたものとされ、400年の歴史ある大きなケヤキ並木は国の天然記念物に指定されています。

からす扇子とからす団扇の由来

その昔、大地主神(田畑の神様)が田植えをしてくれた人々を労うために牛肉を振る舞った。しかし、その時代では鶏肉以外の肉を食べる事は良く思われておらず、その話をきいた御歳神(多くの神様の父といわれている神様)を怒らせてしまう。

御歳神は田畑を大量のイナゴで食い荒らさせ、大地主神は白猪・白馬・白鶏をささげてその怒りを鎮めました。御歳神は怒りを鎮めただけでなく、イナゴの害を防ぐ方法として「烏(からす)扇をもって扇げ」と教えてくれたそうです。(古語拾遺より)

以降、からす扇子とからす団扇は五穀豊穣・悪疫防除の象徴として、扇げば害虫が駆除され病気が治り、玄関先に飾れば厄除けになる、と1200年もの長きに渡って信仰され続けています。

からす扇子とからす団扇の値段

    初穂料

  • からす扇子小:1500円
  • からす扇子大:2000円
  • からす団扇:500円
  • 当日は行けないけどからす扇子・団扇が欲しい!という人は、事前に初穂料をお納めしておけば社務所で取り置きをしてもらえます。

    基本は事前に神社に行って納めますが、どうしても行けないという人は電話でも受け付けてもらえます。(TEL:042-362-2130) 頒布日が7月20日のみなので、21日以降の申し込みは受け付けしてもらえません。

    欲しい方はお早めにお願いしましょう!

アクセス
  • 電車:京王線「府中駅」から徒歩5分 JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」から徒歩5分
  • 車で:中央道「国立府中インター」から約10分 「調布インター」から約15分
  • 駐車場:200台 400円/一時間

露店数:約120軒
→一般的な露店の他、中で座ってお酒などが飲める簡易居酒屋のようなお店も。お祭りの名前になっている様々な品種の「すもも」を売る露店もたくさんあり、一袋1000円くらいで売られているようです。

参拝者:約70000人
→昼頃と夕方に混む事が多いです。時間帯によっては参拝の列がかなり伸びて20分待った!なんて話しもあります。しかし参道は広めなので社務所や参拝以外は少し余裕を持って回れそうです。