関東の滝

雄大な滝や荘厳な
マイナスイオンたっぷりの滝つぼは、絶好の癒されスポット。

自然が長い歳月をかけて創りだした絶景

“滝”をご紹介します。

Sponsored Link

行くならココ!おすすめの滝~関東編~

第1位 【袋田の滝 (茨城県大子町)】

日本三大名瀑“袋田の滝”。
水戸黄門で知られる徳川光圀も訪れたことがあるんだとか。

落差120m、幅73m。
大きな岩壁を四段に分かれて落下することから“四度の滝”とも呼ばれています。
また、一説には、西行法師がこの滝を訪れた際、『四季に一度ずつ来ないと滝の真の風趣は味わえない』と絶賛したことからつけられたという説もあります。

冬には凍結した氷壁にアイスクライマーたちが挑みにくるそうです。

第2位 【吹割の滝(群馬県沼田市)】

群馬県民ならおそらく誰もが知っているであろう吹割の滝。
なぜなら、群馬県民が愛する郷土かるた“上毛かるた”に「滝は吹割 片品渓谷」と詠われているからです。

群馬を代表するこの滝は、日本の滝100選だけでなく、国の天然記念物に指定されるほど個性的。
幅30m、落差7mの“見下ろすタイプ”の珍しい滝で一見の価値ありです。

間近で見ることができるので、大量の水が轟音をたてて落ちる姿は迫力満点。
また、言い伝えによると、吹割の滝の滝つぼは龍宮に通じているんだとか。

第3位 【払沢の滝(東京都檜原村)】

東京都でありながら日本の原風景が残る“檜原村”。
村内には、東京都で唯一日本の滝100選に選ばれた“払沢の滝”があります。

四段からなる落差は62メートル。
滝つぼから滝を見上げると、その迫力と美しさを間近で感じることができます。

夏には、ライトアップされた滝が見られ、冬になれば氷結した滝に出会えるそう。
最近は温暖化の影響で完全氷結することは少なくなったそうですが、滝が創りだす氷の世界は必見です。

第4位 【丸神の滝(埼玉県小鹿野町)】

埼玉県内で唯一日本の滝百選に選ばれ、3段からなる落差76mの滝は“秩父三階の滝”とも呼ばれています。
知名度はあまり高くないようで、知る人ぞ知る名瀑です。

豊かな自然が残る渓谷の滝は景観が美しく、新緑、紅葉、冬の氷結と四季折々の美しさを楽しめます。
滝まで1.5kmの遊歩道が整備されているので、ハイキングに最適です。

第5位 【洒水の滝(神奈川県山北町)】

洒水の滝は三段からなり、観瀑台からは落差69mの“一の滝”が見られるそう。
豪快な姿をした洒水の滝は、日本の滝百選のほか、全国名水百選、かながわの景勝50選、さらに、かながわ未来遺産100にも指定され、あらゆるタイトルを総なめにする山北町のシンボルです。

名水百選に選ばれているだけあって、お水がおいしいと評判で一度飲んだらやめられないそうですよ!

第6位 【華厳ノ滝 (栃木日光市)】

こちらもみなさんご存知の日本三大名瀑の華厳ノ滝。
中禅寺湖の水が97メートルの高さから一気に落下する姿は圧巻です。

6月にはたくさんのイワツバメが飛びまわる風景が見られます。
滝の近くに行くには、有料のエレベーターを利用します。

間近で見る滝は、落下する水の爆音と水しぶきが臨場感たっぷりで大迫力。
遠くから眺める場合は、明智平の展望台から眺めるのがいいんだそう。

中禅寺湖と華厳ノ滝の2ショットが見られます。 

第7位 【粟又の滝 (千葉県大喜多町)】

養老渓谷の栗又の滝は、房総一の名瀑として知られています。
滝というと高さをイメージしがちですが、粟又の滝は高さよりも幅!

全長100m、幅30mのゆるやかな岩肌を流れ落ちる姿は、一味違った趣があります。

夏になると川遊びにやってくる家族連れで賑わうそうです。

渓谷が紅葉で色づく秋の風景もおすすめ!