この花火大会は、8月1日~3日の3日間開催される「長岡まつり」の中のイベントの一つです。
祭りが始まったのは1946年からで、きっかけは前年の8月1日に起きた長岡空襲からの復興祈念でした。

前夜祭である8月1日22時30分、空襲の始まった時間に「白菊」という尺玉が3発上がり、市内寺院で「慰霊の鐘」が鳴ります。空襲で亡くなられた1485名への慰霊と、旧市街地の8割が焼け野原だった状態から復興に尽力した先人への感謝、世界の平和への願いを込めて祈りを捧げる所から始まります。

Sponsored Link

このように慰霊や復興の意味合いが非常に強く、復興祈願の象徴的なフェニックス花火(上記動画29:00~)があったり、花火終了後に見物客が打ち上げ場所の花火師に向かって光るものを掲げて感謝を表す「光のメッセージ」があったりと、情趣あふれるお祭りです。

それでは長岡まつり花火大会の日程や穴場スポットの紹介に移ります。

長岡まつり花火大会の日程・穴場スポット!

2015年長岡まつり公式サイト

8月2日(日)&3日(月) 19:25~21:10
昨年の人出:103万人
打ち上げ数:2日間で20000発
打ち上げ場所:新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷
アクセス:JR長岡駅(徒歩20分)
駐車場:国営越後丘陵公園(新潟県長岡市 宮本東方町1950) 1850台 1日1500円

公式観覧席情報 

チケット情報 

有料観覧席

屋形船(船上サジキ席・信濃川右岸)

飲食つきなどで値段が変わるようですが、お弁当と飲み放題がついて18000円!会場の一番良い所で停船しての鑑賞で、混雑も無く非常に快適に楽しめます!

お問い合わせ先:長岡まつり屋形船協議会事務局 (株)田中組内:0258-33-2711

桟敷(サジキ)席 (信濃川右岸)

1マス(120cm×150cm、定員4名)25000円。土手の上に足場を組んで板を敷いた席です。一段高くなっていますので、花火が見やすいのが特徴です!

お問い合わせ先:長生橋サジキ組合 吉原建設内 0258-32-1388

穴場・無料スポットを紹介!

※2013年まであった有料観覧自由席は、2014年から廃止になっています。

有料席周辺の無料席・フリーエリア

左右両岸の有料席の周囲を囲むように、無料・フリー席として設定されているエリアがあります。14時に開場して場所取りが始まりますので、確保したいならお早めに!

詳細はこちら

イオン長岡店 屋上駐車場(新潟県長岡市古正寺1-249-1)

毎年無料で屋上駐車場が開放されています。立地は何と有料観覧席の真横!食料調達が楽だしトイレも利用しやすく、絶好のスポットです!

リバーサイド千秋 屋上駐車場(新潟県長岡市千秋2丁目278番地)

アピタ長岡店を中心とする大規模商業施設の屋上です。イオン長岡店からは少し離れていますが、打ち上げ場所の幅の中には入ってますので充分に花火を楽しめます。ちなみに「ちあき」じゃなくて「せんしゅう」と読みます

蔵王橋周辺

最寄り駅 JR北長岡駅
最も近い打ち上げ場所からは2.5km。距離がある分人も少なめで、のんびりと楽しめます。最寄り駅が会場周辺の駅とは違うので、帰りの混雑も多少は緩和されるのもオススメポイントです!

最後に

長岡まつり花火大会の日程や穴場スポット情報でした。
お子様連れの方は少し距離はありますが、蔵王橋周辺が混雑も少なくおすすめですね。