花火大会

北海道最大の花火大会の称号を欲しいままにする「北海道真駒内花火大会」
22000発が役1時間の間絶え間なく打ち上げられるダイナミックなインパクトが人気の理由です。

Sponsored Link

真駒内花火大会のチケットと無料穴場スポットについて!

よりインパクトを求めるならチケットの予約を!

通常の花火大会に比べて近くで体感出来ることから、スタンド席やアリーナ席は毎回満席でチケットは争奪戦となります。
アリーナ席、スタンド席で見たい方は早めの予約をしましょう。

2015年は2015年5月16日が先行発売日となっています!!

そして、今回はチケット購入で見る、アリーナ席、スタンド席ではないところで真駒内花火大会を楽しめるスポットなども紹介しながら、見どころなども紹介したいと思います。

北海道真駒内花火大会のオープニングイベント

まずはこちらを説明させてください。
オープンニングイベントを見たいのか、見たくないのかによって、「穴場で楽しむのか」「アリーナ席、スタンド席で楽しむのか」変わってくるからです。

オープニングイベントは、羽生結弦選手、浅田真央選手などが登場で、会場を盛り上げてくれます。
生で見る機会がなかなかないので必見の価値ありとなっています。

そして、会場のヴィジュアルデザインを務めるのが、perfume(パフューム)のライブなどで、プロジェクションマッピングというプログラミング技術を世間に認知させた今日本で最も注目されているクリエイターの1人、ライゾマティクス代表の真鍋大度氏。

オープニングイベントを楽しみたい方は必ず、アリーナ席かスタンド席のチケットを購入しましょう。
今から紹介する穴場スポットではプロジェクションマッピングなどは楽しむことができませんからね。

北海道真駒内花火大会を楽しめる穴場

それでチケットを入手できなくても楽しめる穴場スポットの紹介です。

アパホテル(札幌市南区川沿4条2丁目)

真駒内花火大会の会場から近い所にあり、人混みなど気にせずゆったりと花火を楽しむことが出来ます。
予約をする時に、花火がよく見える部屋を聞いておくとなおいいでしょう。

年々人気が高まってきておりますので、早めに予約しておきましょう。

真駒内公園

公園内では屋台も数多く出店しますので、夏祭りの雰囲気を楽しみ方は、公園内で鑑賞するのが良いのではないでしょうか。
多くの人がいて混雑はしますが、人の賑わいも大事なこと。
雰囲気も含めて楽しみたい方に。

藻岩山の展望台

札幌市内と花火を一緒に鑑賞できます。
天気が良いことを祈りましょう。

イオン藻岩店の屋上

この時だけ、開放されて出店も沢山出ますよ。
美味しい食べ物、飲み物でゆったり鑑賞もいいですね。
トイレの心配がないのもメリット。

定山渓ビューホテル

道外の方や、札幌市内に住んでいない人が予約をするのが多いかもしれませんね。
夏の時期は、北海道全体が観光シーズンですから。

まとめ

2015 北海道真駒内花火大会の見どころや、鑑賞を楽しむスポットの紹介でした。
北海道を元気にするために始まったこの大会。北海道に住んでいる人がとても楽しみにしている花火大会と言えますね。

開催時期に北海道を訪れる方もぜひご覧になってみて下さい。